ジーコとケンジの欲望の記録

雨ニモマケテ、風ニモマケテ、慾マミレ、サウイウヒトガ、コノワタシダ

任天堂から「あなただけ割引」なるものが届いたよ

f:id:takatoshi0905:20170824063134p:image

 

任天堂からあなただけ割引なるものが届いたよ。

 

f:id:takatoshi0905:20170824063302p:image

 

やりたいことして朝を迎えたら、それは本当に幸せなことなのかな?

「やりたいことが多くて、眠るのが惜しいんです」

 

ってある人から言われた言葉がずっと頭にこびりついて離れない。

 

「やらなければならないこと」が多いのではなくて、「やりたいこと」が多いのだだ。

そのせいで眠るのが惜しい。羨ましい。

 

やることが多くて寝られない夜はあるけれど、やりたいことが多くて寝られない夜はない。

 

そもそも、俺にとって「やりたいこと」って何だ?

 

読みたいと思って読んでいない本を読むことか、観ようと思っていた映画か、アニメのいっき観か、動画編集か…

 

この「やりたいこと」を眠らずにやってみるのもありかもしれない。

 

「いやぁ、やることが多すぎてさ、昨日は寝ていないんだ」

 

っていうのと

 

「いやぁ、やりたいことやっていたら、朝になっていてさ」

 

っていうのとでは違う。

 

「いいな、やりたいことを寝食忘れて没頭できるとか、羨ましい」

 

と思われる。

 

しかし、その「やりたいこと」っていうのもイメージが違うよね。

 

「昨日、ゲームをしていたら朝になっていてさ」

 

っていうと、ちょっと幼稚な感じがする。

 

「昨日、読書していたら朝になっていてさ」

 

っていうと、ゲームよりは知的かな。

 

「昨日、動画制作をしていたら朝になっていたらさ」

 

っていうと、クリエイターっぽさを感じる。

 

もしくは「クリエイターな俺ってカッケーっしょ?」ってドヤ顔をキメたいだけか。

 

「昨日、カラオケをしていたら朝になっていてさ」

 

それは、パリピ。

 

「昨日、ボーッとしていたら朝になっていてさ」

 

っていうパターンだったら

 

「おいおい、病んでいるのか? 大丈夫か? 病院行ったら?」

 

って心配されるか。病気認定されるか。

 

それならば、

 

「昨日、人生について考えていたら朝になっていてさ」

 

と言えばいいのか。

 

いや、なんか中二病っぽいイタい奴だと思われて終わりか。

 

午後11時を過ぎたくらいから眠気がやってきて

 

「あぁ、今日もやりたいことができなかった」

 

と後悔しながら寝支度をする。

 

逆に、やりたいことをやっていたら眠くなくなるのかもしれない。

 

だから一度、眠らない日を決めて、好きなことに没頭することにしようとした。

 

しかし、結論から言うとムリだった。

 

やらねばならない、という切迫感がないから眠気はどんどんやってくる。

 

夜の眠気の前での「やりたいこと」は「別にやらなくてもいいこと」になってしまう。

 

そして、夜の眠気は「やらなくてはならない」に変身して「やりたいこと」を食い尽くす。

 

翌朝、食いつくされた「やりたいこと」は無惨な「やれなかったこと」に朽ちていて、心の中にプカプカと浮かんでいる。

 

やりたいことはいつまでもやれずにいる。

 

だけど、それは言い訳だろうか。

 

本当にやりたいことなら、時間とか関係なくやっているはずではないだろうか。

 

ならば、本当に「やりたいこと」ってなんだろうね。

 

それはもしかして、、、、

喫煙者なんだ、俺、喫煙者だからな。

前回の記事は5月。喫煙者になろうとした話で終わっている。

 

その時は、喫煙後の自分の口臭や、指に残るタバコの臭いが嫌で、「やっぱり自分は喫煙者にはなない」と誓った。


しかし、その後も喫煙は続けた。


どれくらい続いているのか。5月に100円ショップで購入したライターのオイルが切れる位だ。


5月の連休中に購入して、8月に切れた。その期間は3ヶ月。もう、立派な喫煙者である。

 

「え、あなた、タバコ吸うようになったの?!」

 

と言われ

 

「まぁ、ね。ちょっとストレスでタバコを吸うようになったんだよ。ふっ・・・」

 

ってニヒルに微笑むことに憧れて喫煙者になってみたけど

 

「はぁ?! あなた、それ、中学生みたいな理由だね!」

 

と笑われて終わる。

 

笑えばいい。

 

俺は喫煙者の仲間入りをしたのだ。

 

しかし、タバコを吸わないとイライラするとか、

 

「うわぁ、ニコチンが切れたよぉぉぉっ!!!」

 

とかいう禁断症状は起こらない。

 

忙しいと喫煙者だったこと自体を忘れてしまう。

 

本当のニコチン中毒者は、忙しかろうとなんだろうとタバコを欲するものなのでしょう?

 

だけど、まだ起こらない。

 

この先、何年か吸ったらそういう状態になるのかしらん。

 

だが、喫煙を始めた頃と今とでは大きく成長したところがある。

 

吸い始めた頃は1mmのタバコを吸っていたのだが、今では5mmのタバコを吸うようになった。

 

これは例えるならば、カシスオレンジしか飲めなかった人が日本酒を飲めるようになるのと同じことなのではないかと思っている。

 

日本酒飲めないけど。

 

あ、そういえば!

 

今日は、まだタバコを吸っていなかったな。

 

この記事を書き終えたらタバコを吸うことにしよう。

 

なにしろ、俺は喫煙者だからな。

 

喫煙者になったのだからな。

 

ここ最近のストレスで、タバコを嗜むようになった。

 

体に悪いって?

 

「仕方ないだろ、吸わないとやってらんないんだからさ・・・」

 

これ、言ってみたかったやつ。

 

「あー、タバコ辞めたいなー。

タバコなんて百害あって一利なしだよー。

あー、タバコ買う金でもっと有意義なことできるのになー。

あー、タバコ、辞めたい。

辞めたいなー」

 

っていうのも言ってみたいやつ。

 

「なぁ、ちょっとタバコ吸いにいかない?」

 

ってなって、喫煙所で秘密のトークを繰り広げるやつ。

 

これもやりたかったやつ。 

 

喫煙者の仲間入りをしてみようと思ったんだよ

「ストレスに耐えられなくてね、吸うようになったんだよ」

 

たばこを最近吸うようになった人たちが言う。

 

気がつくと俺の周りは喫煙者だらけになっていた。

 

みんな目を細めて、タバコに火をつける、煙を吐き出す。

 

ちょっとだけニヒルな顔になる。

 

「自分の寿命を自分で減らしているのは分かってる。だけど、やっぱり吸っちゃうんだよね・・・」

 

ストレスに耐えきれず、タバコと付き合うようになった人の哀愁。

 

ちょっとカッコイイ。

 

そして、気がつくと俺の周りは喫煙者だらけになっていた。

 

みんな美味しそうに煙を吐き出す。

 

なんだか自分だけ仲間はずれにされている気分になる。

 

「いいんだよ、吸わなくて。たばこなんか百害あって一利なしさ」

 

という言葉の裏に

 

「お前はストレスなんか感じない鈍感な人間だな。いいな、羨ましい限りだぜ」

 

という皮肉を感じる。

 

だから、俺もたばこを吸ってみることにした。

 

たばこを燻らせて

 

「いやぁ、ストレスに耐えられなくなってね。体に悪いのは分かってるよ。でも、ストレスに苦しむ毎日を送るくらいなら、早死にした方がマシだぜ」

 

ってニヒルな笑みを浮かべてやる。

 

ちょっとカッコイイ。

 

だけど、喫煙者になるのって予想以上に難しい。

 

まず、たばこの買い方を知らない。

 

コンビニにいくと、たくさんのたばこが並べられている。

 

レジの前に立ち尽くすと、店員が「どうぞ」と俺を催促する。

 

困った。

 

いったい、何がどう違うのか。

 

喫煙者は平然と

 

マイルドセブンのうんちゃらかんちゃらで」

 

みたいに、店員に告げるのだろう。

 

しかし、俺には全て同じに見える。

 

とりあえず、キラキラしたパッケージのやつを選ぶ。

 

たばこを買っている自分にとてつもない違和感を覚える。

 

年齢確認のボタンを押す手が少し震える。

 

酒を買うときは一切ないのに。

 

成人してから10年経っているというのに。

 

着火してタバコに火をつける。

 

きたきた、ここで目を細めて着火だ。

 

しかし、ニヒルな顔をしたものの、煙を吸った途端にむせる。

 

呼吸を落ち着かせて、再び、吸う。

 

むせる。

 

吸う。

 

むせる。

 

「あら、あなた、タバコを吸うようになったの?」

 

母に驚かれる。

 

ほら、きたきた。

 

ここでニヒルな顔。

 

吸う。

 

「いやぁ、ストレスに耐えられな・・・ゴフッゴフッ・・・てね。タバコを吸って気持ちを・・・ゴフッゴゴッッゴッフォフォ・・・紛らわせ・・・ブウォッホフッゴッフォッゴフォ」

 

むせる。

 

「あなた、止めときな、体に悪いんだから」

 

「だけど、タバコを吸わずには・・・ゴッッゴゴッゴッゴゴッッゴッフォッフフッフォ」

 

むせる。

 

ひたすらむせる。

 

ニヒルな顔どころか、目から涙が出てくる。

 

f:id:takatoshi0905:20170505235514j:image

 

f:id:takatoshi0905:20170505235524j:image

 

たばこの先と吸い口が真っ黒。

 

体に悪そうなことしてる感満載である。

 

そして全て吸い終わった後、口の中に煙の味が残る。

 

手にも煙の臭いがついている。

 

これが、ヤニ臭ってやつか。

 

俺も喫煙者の仲間入りだな。

 

ちょっとニヒルな笑みを浮かべてみる。

 

だがしかし、とっても臭い。

 

自分の口臭に嫌悪するなんて滅多にないが、これは臭い。

 

ダメだ。

 

それに、歩くとフラフラする。

 

ヤニクラッシャーってやつか。

 

なんてことだ。

 

思い描いていたのとは違う。

 

止めよう。

 

俺は喫煙者にはなれない。

 

ネットでたばこについて調べてみる。

 

肺がんや口腔がんのリスクとか、歯が黄ばむとか、ニコチン中毒とか、リスクばっかり。

 

その中で

 

「スモーカーフェイス」

 

っていうのを初めて知ってビビった。

 

「喫煙者は禁煙者よりも老けて見えます。元に戻りません。たばこは見た目にも影響します」

 

スモーカーフェイス。

 

なんて恐ろしい。

 

そんなフェイスは嫌だ。

 

止めよう。

 

たばこを吸ったことがストレスになってしまった。

 

だから、止めよう。

 

俺は喫煙者にはなれない。

 

俺は喫煙者にはならない。

自転車が好きだからフィールサイクルなるフィットネスを試してみたよ

f:id:takatoshi0905:20170503234318j:image

 

フィールサイクルってご存じ?

 

 

エアロバイク(ジムにある自転車のやつ)を漕ぎながら、音楽に合わせてトレーニングをするというやつ。

 

自転車を漕ぎながら行うエクササイズってことやね。

 

ニューヨーク発祥のこのフィットネスは、かのレディガガも通っていたとか。

 

他のエクササイズと違うのが、雰囲気がクラブっぽいってこと。

 

EDMがガンガン鳴ってて、ミラーボールがクルクル回ってて、会員のみなさんがヒューヒュー叫んでて。

 

暗い室内でトレーニングするから、周りに自分の動きを見られたりせず、集中できる。

 

クラブとフィットネスを融合させたのがフィールサイクルです。

 

これまで普通のスポーツジムでは過去2回、挫折してる俺。

 

黙々と苦しみに耐えながら歯を食いしばって器具を動かすのが楽しくない。それに、フィットネスジムは好きな時間に自分のペースでトレーニングするから、「今日は疲れてるしこの程度でいいかな」っていう甘えが出てしまう。

 

夏までに体型をなんとかしなきゃ。薄着になってからでも、筋肉を感じられるような愛されバディをつくりたい。

 

だけど、 このフィールサイクルだったら、

  • 自転車をこぎながらのフィットネス
  • 音楽に合わせてアガれそう
  • パリピになれる 

 

っていうことで、楽しみながら肉体改造できる。

  

とりあえず、トライアルに行ってどんなところか試してみることにした。

 

トライアルでも3000円かかるのね。無料じゃない。なかなかお金かかりそうな場所だぞ。

 

当日、向かうと、タンクトップを着て、完全におでこを出すように髪を上げた、いかにも「スポーツを楽しんでいます!」っていう系の女性が対応してくれました。

 

「じゃぁ、靴を脱いで入ってきてください。あ、靴、NIKEですね。NIKE好きなんですか。いいですよね、NIKE

 

うわ、すげぇ、早速きやがった。この、人の心にググッと迫ってくる感じ。

 

パリピだ。パリピの接客術だ。

 

それから服を着替え、説明を受け、いざ、エクササイズ。

 

自転車は、ハンドルまで手を伸ばすと前傾姿勢になるロードバイクみたいなタイプ。ペダルはビンディングペダル。靴とペダルが固定された状態で自転車をこぐ。

 

「お腹を引っ込めて、背中を丸め乗ります。ハンドルには触れる程度にね。この乗り方をキープすることで、腹筋と体幹を鍛えることができます。サドルは、骨盤を立てて気持ち後ろに乗ります」

 

それ、ロードバイクの乗り方だ。いつも乗ってるロードバイクと同じポジションだ。

 

そして、この自転車、ブレーキがない。非常停止ボタンはあるものの、ペダルを漕いだら漕ぎっぱなし。漕いでいる足を止めようものなら、動き続けているペダルに足をもっていかる。ブレーキなしのピストバイクってこういう感じなんだろうな。 

 

エクササイズは音楽に合わせて、ペダルを漕ぎ、ハンドルを使って腕立て伏せっぽい動きをしたり、立ち漕ぎしたり、倍速でペダルを漕いでみたりと色んなバリエーションで体を動かす。

 

音楽に合わせて楽しく♪を期待していたが、俺のリズム感の無さと身体能力の低さで、ついていけない。足を動かしながら、腕を動かすだなんて器用なこと、俺にはできない。

 

動きが分からなくて確認の為に立ち止まろうとすると、足をもっていかれる。ガツンって大きな音で自転車が揺れ、足首に衝撃がくる。

 

これ、辛いぞ。

 

そしてインストラクターはパリピ、いや、クラブのDJっぽい掛け声をしてみんなを煽る。

 

「Are you redy?」

 

「yeaaaaahhhhhhhhhhh!!!!!!!!!!」

 

リズム感とパリピ感。

 

無理だ。

 

俺と全く無縁なものだ。

 

リズム感とパリピ感。

 

これを身につけるために入会するか?

 

いやいや、その前に足が向かなくなる。

 

そしてなにより、根本的なことを俺は気づいてしまったのだ。

 

「これ、自分のロードバイクでやればいいじゃん」

 

確かに、45分間のトレーニングで汗がこれでもかというほどびっしょり。真夏の炎天下で45分間、ロードバイクを漕いで出る汗並にびっしょり。500mlの水も全て無くなっていた。

 

毎日、ロードバイクを漕ぐことなんか時間的にできないから、こういうスタジオでロードバイクを漕ぐというのも手なのかもしれない。

 

でも、これに月々1万5千円の会費は払えないな・・・

 

動きについていけない。動きを確認しようと上半身に意識を向けると、足が止まる。足が止まると、回り続けようとするペダルに足をもっていかれて、ガッてなる。びっくりする。足が痛い。

 

室内は暗いから自分のヘタレな動きを見られることはない。恥ずかしい思いはしていない。だが、そういう問題ではない。

 

今、俺は自分の鈍くささとリズム感とパリピ感の無さに消えてしまいたい気持ちになっている。他人の視線ではない、自分の自分に対する評価の部分だ。

 

ダメだ。これなら自分のペースで、黙々とマシンを動かしていた方がマシだ。

 

周りはクライマックスが近づくにつれて盛り上がっていく、横の人は「フゥーッ!」って叫んでいて楽しそう。

 

そんなこんなで45分間のトレーニングが終了。

 

もう、自分のダメさ加減に落ち込んでいたところ、インストラクターに声をかけられました。

 

「お疲れ様でした。凄いですね、初めてなのに動けてましたよ。みなさん初めてはついていけないものですが、凄いですね」

 

凄い褒められた。どうやら、初めての人はもっと動きについていけないものらしい。そこでちょっと心が揺らいだよね。リズム感がなくて鈍くさい俺なんか死ね!って思っていたのに、「初めてであそこまで動けた人はいない」って言われると、自分はダメじゃなかったんだって思ったよ。

 

「特に、自転車の乗り方とか完璧でした。あの前傾姿勢をキープするのはなかなか時間がかかるんですよ」

 

当たり前じゃ。

 

「いや、ロードバイクに乗っているんで、その姿勢はもう、体に染みついていましたよ。それにビンディングペダルも使っているんで、付け方とか外し方とか、もうその辺のは全てマスター済みです」

 

この時の俺、絶対にドヤ顔だった。今日、一番のドヤ顔だったと思うよ。絶対に。

 

「えぇ?! そうだったんですか。なんだそれ、最初に行ってくださいよ。凄い凄い、どれくらいやってるんですか」

 

っていう具合にその後も色々と褒められおだてられる俺。

 

さっきまで「二度とやるものか!!」ってなっていた俺の心は少しだけ「慣れたら楽しいかもしれないな・・・」という方向に持って行かれそうになった。

 

さすがパリピ。

 

恐るべし、パリピ。

 

だけど、いくら

 

「最初からあれだけ出来る人はいない。みんな最初は全く動けない。あなたは凄い、特別!」

 

と持ち上げられようと、トレーニング中に

 

「これは無理、もう無理、早く終われ、ついていけない、死にたい...」

 

って思ってしまったということは、無いってことなんだよ。

 

これに月々1万5000円、1年分の会費でそれなりのレベルのロードバイク1台買えるぞ。だったら俺はロードバイクを買うよ。

 

ということで、自転車漕いで、音楽に体を任せてパリピになれる肉体改造は、俺は「無い」って思った。パリピのお姉さんに色々と褒めてもらったり、丁寧に説明をしてもらったりしたけど、入会をしたいと思わなかった。ごめんね、パリピのお姉さん。

 

あ、フィールサイクル自体を否定している訳ではないので、そこは誤解しないで頂きたい。フィールサイクル自体は良いと思う。運動しているっていう感じがしないし、クラブやライブのノリで行ったら絶対に楽しい。終わった後の達成感や爽快感はハンパなかったし。

 

あくまで相性の問題。俺はこの雰囲気が似合わなかっただけ。このフィールサイクルに限らず「リズムに合わせて体を動かす」っていう行為自体が、俺にとって出来ないことで、苦痛を感じることなんだと思う。今回は自分が好きな「自転車」を使っていたからよかったけど、例えば、エアロビクス的なやつだったら、これ以上に苦痛だったに違いない。っていうか、そういうのだったら、まず自分からは近づかないしね。

 

これをするなら、自分のロードバイクを漕ぎながら、たまにハンドルの上で腕立てしてみたり、思いっきり前傾姿勢をとって腹筋を意識してみたりした方がいいと思った。

 

だけど、夏までに肉体改造はしないとだな。

 

さて、どうしようか・・・

チョコモナカジャンボに入ってるチョコについて

f:id:takatoshi0905:20170503161234j:image

 

チョコモナカジャンボに入ってるチョコ。

 

凄い幸せ者だよね。

 

だって、チョコの周りはバニラアイスに囲まれているのだから。

 

バニラに守られているから、絶対に溶けることがない。

 

f:id:takatoshi0905:20170503161312j:image

 

幸せ者だよね。

 

「俺の命に変えて、お前を保冷する!」

 

っていう風格がある。

 

バニラアイス、カッコいいよね。

 

白馬に乗った王子様ならぬ、白い王子様。

 

チョコモナカジャンボのホームページを見たら、なんと45年前から発売されているらしい。

 

つまりチョコレイト姫は45年間、バニラ王子はチョコに守られいるということだね。

 

凄いよね。

 

きっとこの45年間の歴史があるからこそ、変わらぬ美味しさを守り続けられているということだね。

 

 

0.24秒に1個売れてるんだってさ。

 

すっげぇ。

 

もう一回、言うね。

 

すっげぇ。

 

えびばでぃ、せい!

 

すっげぇ。

終電逃したら、ネカフェ? それとも…

f:id:takatoshi0905:20170404075416j:image

 

うっかり終電で寝過ごすってこと、あるよね?

 

終着駅で駅員に起こされて目を覚ますんだけど、折り返しの電車がもう無い的なね。

 

そんな時はネカフェが便利。ネカフェならば一泊1000円ちょっとで過ごせるし、個室だし、場所によっては足を伸ばして寝られるし。

 

ネカフェのない駅で降りてしまったら…

この前、ゴルフに誘われたのですが、翌朝の集合時間が5:30っていう、始発電車に乗っても間に合わない時間を指定されました。そこで、前夜にネカフェに泊まることを考えていました。ネットで検索すると集合場所の最寄駅に一件だけネカフェがあるとのこと。そのネカフェで一夜を過ごすつもりでした。

 

しかし、そのネカフェは閉店していたのです。しかも、数日前に。

 

前泊だからと、終電ギリギリに行ったせいで電車はもう動いていません。その場所から最も近いネカフェをGoogleマップで検索すると3km先、30分かかるとのこと。

 

24時間営業の場所はコンビニ、松屋吉野家くらい。まさか、松屋で一夜を明かすのは現実的ではありません。

 

やっぱり30分かけて歩くしかないか。しかし、それでヘトヘトになって翌朝寝坊とかなりかねない。もはや、野宿するか。歓楽街ってわけじゃないから治安も悪くなさそうだし、なにより金もかからない。

 

そこまで考えて思いつきました。朝までいられて、低料金で、個室で、寝られる場所…

 

f:id:takatoshi0905:20170404075457j:image

 

そう、カラオケボックス

 

カラオケボックスならば、たいていの駅前に必ず1つはあります。夜のフリータイムなら朝5時まで1000円とネカフェと同じくらいの価格で、なにより防音の完全個室。

 

これはいける、いけるよね。

 

平日の夜だったので、うぇいうぇいな団体客も少なく、すぐに案内されました。

 

なんとビックリ、案内された部屋は…

 受付ですぐに案内された部屋が、これまたビックリ。

 

なんとまさかの…

 

f:id:takatoshi0905:20170404075125j:image

 

f:id:takatoshi0905:20170404075144j:image

f:id:takatoshi0905:20170404075204j:image

 

パーティルーム。

 

大部屋しか空いてなかったとのこと。

 

もう、テンション上がるよね。

 

ネカフェ閉店していて、野宿まで考えていたという絶望の中で、カラオケボックスのパーティルームで一夜を明かすっていう。

 

だから

 

f:id:takatoshi0905:20170404075700j:image

 

足を伸ばして寝られたんだぜ(ドヤァ

 

これでお値段980円!!

 

超、お得。

 

f:id:takatoshi0905:20170404080011j:image

 

f:id:takatoshi0905:20170404080021j:image

 

そして歌うよ。深夜のヒトカラ

 

絶賛、独リア充

 

ソファに足を投げ出して思う存分、自分の好きな歌を歌える。パーティルームだから声が響く響く。自分の音程を確認しながら歌えるし、大人数でカラオケ来た時の練習にもなる。

 

まさに、絶賛、独リア充!!

 

とはいえ、翌朝はゴルフで朝早いから、ちゃんと寝ましたよ。

 

 2時間くらい歌って、もっと歌いたいのをこらえつつ、寝ました。ジャケットを毛布がわりに、リュックを枕がわりにしてね。リュックの中にはゴルフウェアが入っていたから、ある程度のフカフカ感は得られました。

 

カラオケのあのCM映像のボリュームを落として、画面を背にして寝ましたが、隣の客の歌声は漏れてきました。星野源の『恋』を歌っていて、今度は星野源にも挑戦してみようと思いながら眠りにつきました。

 

まとめ

ということで、今日の記事で言いたいのは

 

「ネカフェがないならカラオケに泊まればいいじゃない!」

 

ってことです。

 

メリットとしては、

 

  1. だいたいの駅前に必ず1つはあること。
  2. 深夜のフリータイムが1000円程度でネカフェのナイトパックとほぼ変わらないこと。
  3. 完全個室で防音だからプライバシーは守られること。
  4. カラオケでストレス解消ができること。

 

ただ、デメリットとしては

  1. 枕やブランケットが無い。
  2. 場所によってソファが小さくて無理な姿勢で寝ないといけない場合がある。
  3. 隣の歌声が漏れてきたりするから、完全無音では寝られない。 
  4. 「あの人、1人で深夜にカラオケしてるのかな…www」って思われているんじゃないかという被害妄想にとらわれる。

 

ってことが挙げられますね。

 

 まぁ、だけど、身もふたもないことを言えば

 

「終電逃さないように、ちゃんと時間を見て行動しようぜ!」

 

ってことやね。